高倉健 その魅力
高倉健 その魅力
高倉健 その魅力
高倉健 その魅力

邦画の名作

福島区 賃貸本番の物件選びの時には、これくらいなら嬉しいなという希望家賃と、これ以上はムリだなという上限家賃の2つをイメージしておくと迷いが少なくなります。

週末見たい映画

広島の物件情報そろっています 。気軽に相談できる不動産会社を目指しています 。賃貸・売買 広島の不動産探しならアインホーム‎|ein-home.co.jpの相談なら地元に詳しい当社まで 。2LDKから3LDKについての物件情報充実 。

健さんを慕う人たち

健さんの趣味や交友関係

作品を出来上がると公の場から姿を消してしまいます。ストイックな俳優さんなので、一種の虚脱状態に襲われるともいわれています。健さんのプライベートは謎に包まれています。

古き良き時代の映画

趣味

趣味は旅・乗馬・ライフル射撃・車・刀剣の収集などです。コーヒーと夜更かしが好きで、若い時にはよく撮影に遅刻することがあって、監督を怒らせることもありました。健さん自身も「自分は遅刻魔だった(笑)」と告白しています。

好きなミュージシャンは大塚博堂です。友人にもらったカセットテープを聞いて、自分にない何かがあると感銘を受けたそうです。大塚とよく組んでいた作詞家の藤公之介に、大塚と組んで曲を作ってほしいと電話で頼んだこともありましたがこの時は大塚博堂が多忙ということもあって、別の作曲家で曲を作りますがそれからしてまもなく後に、大塚博堂が1981年(昭和56年)が37歳で逝去したため実現することはありませんでした。

大塚博堂の曲で「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」「旅でもしようか」「ふるさとでもないのに」を特に気に入っているようです。直接健さんと大塚博堂は、会ったことはありませんが、大塚博堂のメモリアルイベントなどには、一ファンとして何度かメッセージを贈っています。千葉真一と野際陽子の結婚10周年記念には「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」をBGMにして、自ら祝辞をカセットテープに録音してプレゼントしていて、千葉と野際からとても喜ばれました。

東日本大震災が発生後に、メディアでよく聴く機会が増えてから、毎日のように聴くようになった曲として山下達郎の「希望という名の光」を挙げていて、台本のカバーに歌詞カードを忍ばせていまし。

キリン「生茶」のCMで共演した総合格闘家の宇野薫によると、高倉は格闘技にもかなり詳しいようで「休憩中に健さんから『UFCの試合をよく観ていますよ。応援しています』と話しかけられ驚きました」と語っています。

健さんが世界で一番好きな場所はハワイです。ハワイが好きというとについて沢木耕太郎に「ドスを片手に敵地に乗り込む高倉健とハワイの取り合わせは意外なようだが、それは何故か」と問われ太時に、健さんは「人が温かい」ことそして「東映時代に過酷なスケジュールをこなしている中で、たまの休みにハワイの海岸で寝て過ごす開放感がたまらなかった」と語っています。

交友関係

東京アメリカンクラブのメンバーでもある健さんは外国人の友人や知人が多くいます。千葉真一は健さんに誘われて東京アメリカンクラブへ行った時や、パンアメリカン航空のパーティーへ出席した時に、千葉真一のファンのフライトアテンダントを健さんから紹介されたりなどしたこともあって、ハリウッド映画に健さんが出演する前から英語に堪能な姿を目の当たりにしています。

かつて東映には千葉真一・梅宮辰夫・山本麟一・山城新伍といった、健さんを慕う人達で集まって遊ぶ「野郎会」というものがありました。「野郎会」という名前の由来は「男(野郎)ばかり」なのと「何でもやろう」を語呂あわせにしたもので、何か月かごとに集まってその時の幹事が決めた遊びをしていました。健さんはお酒を飲まないので野球をしたり、山城新伍が幹事の時には遊郭に行って、お大尽遊びの真似事をしていたました。明治大学の先輩で東映ニューフェイスでも1期上でもある山本麟一も健さんと仲が良くて、この集まりに参加していました。『網走番外地シリーズ』『昭和残侠伝シリーズ』で共演した潮健児は自伝『星を喰った男』の中で、「面倒見がよく、周囲に気を遣い、傍に誰か話し相手が居ないとしょげてしまう程の寂しがり屋」「大勢役者が揃って『何かやる』という時、その言いだしっぺは大抵、健さんだった」と回想しています。

長嶋茂雄との親交は、二人が若い時から知られていて、正月には成田山新勝寺に初詣を一緒に行っていたこともあります。長嶋茂雄の長男一茂が1999年(平成11年)12月3日に箱根神社で結婚式を挙げた時に、高倉健が出席していたので、結婚式取材に駆けつけた取材陣が驚いた一幕がありました。村田兆治の引退試合中継を見て感銘を受けて、村田兆治とはそれまで面識も無かったこともあって村田の住所を関係者に一通り尋ねて調べて、さらに留守中だった村田の自宅前に、花束を置いて帰ったという話があります。仰木彬は高校の後輩です。故石原裕次郎とも親交があって「健さん」「裕ちゃん」と呼び合う仲でした。

山口組三代目・田岡一雄とも親しい関係でした。田岡を江利チエミとの結婚披露宴へ招待したり、江利と共に清川虹子の自宅で田岡や美空ひばり・小林旭夫妻とも親交しました。酔っていた小林旭が高倉健に自分の腕時計をプレゼントしようとしましたが、丁重に断りつつも当時の小林旭の存在は、映画スターとして健さんより格上だったこともあって、受け取れと強引に迫られて、困り果てていた健さんをその場にいた田岡が「健さん、もらっとき。気にせんでええ。旭にはワイのをやるよってな」と助け舟を出して、険悪になりかかった雰囲気を丸く収めてもらいました。田岡が1965年(昭和40年)に心筋梗塞で危篤に陥り、面会謝絶となりましたが高倉健は江利チエミを伴って見舞いに訪れています。後に映画『山口組三代目』『三代目襲名』で高倉健は田岡を演じることになりますが、撮影現場を訪ねてきた田岡に激励されています。

ビートたけしとは1985年(昭和60年)の『夜叉』で共演して以来親交があって、互いに大ファンでもあります。2012年(平成24年)9月8日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健スペシャル」の中でも、撮影の合間に、健さんがたけしに「えぇ、たけちゃん、えぇ、勝新太郎です。会いたいよー」と冗談まじりに声色を変えて、携帯電話から留守電にメッセージを入れている様子が放送されています。また志村けんと岡村隆史もお気に入りのコメディアンであり、志村には、健さん自身が電話を入れて『鉄道員(ぽっぽや)』の出演を要請しました。そして志村けんは「お笑い一本」の姿勢を一貫していましたが、健さん自らが志村けんを口説き落としました。

『鉄道員』が公開した後に、志村けんの番組でトークコーナーに小林稔侍が出演した際にはVTR出演して、志村の演技を絶賛する一方で、東映時代から懇意にしてきた後輩で、弟同然の付き合いをしている小林稔侍には「セリフを覚えて来ない、気持ちを引き締めてほしい」といったことを、真顔で苦言を呈しながらもユーモラスに茶化して、小林稔侍を赤面させています。岡村隆史とは第23回日本アカデミー賞で同席しました。岡村隆歴は長年のファンであることを伝えました。この時には岡村隆史が主演した『無問題』で話題賞を受賞しました。そして受賞スピーチで「将来は高倉健さんのような俳優になりたい」とスピーチしたところ会場から笑いが巻き起こる中で、高倉はにこやかに立ち上がって拍手を送りました。2010年(平成22年)に岡村が病気で半年にわたって療養した際にも電話や手紙でメッセージを送って激励しています。

健さん映画を更に見る

人生一度の結婚

1959年(昭和34年)2月16日に、1956年(昭和31年)の映画『恐怖の空中殺人』での共演が縁となって、江利チエミと結婚しましたが1971年(昭和46年)9月3日に離婚を発表しました。江利チエミと離婚した後は独身を通しています。

江利チエミは1982年(昭和57年)2月13日に不慮の死を遂げています。江利の葬儀には姿を現さなかったのですが、江利チエミの命日には毎年早朝に一人でひっそりと墓参して、花を手向けている。そして江利チエミの実家にも毎年欠かすことなく命日には線香が送られてくるそうです。

二人が離婚となった原因は、二人が不仲によるものではなく、芸能人で活躍している江利チエミを妬んで家政婦として小田家に入り込んだ、江利チエミの異父姉によるふたりへの誹謗中傷と夫婦の財産横領が原因とされていて、「これ以上健さんに迷惑をかけられない」と江利チエミ側から申し出たものです。

江利チエミは最愛の健さんに直接詫びようとハワイにいる健さんの元へ行こうとしたのですが、離婚の前年1970年(昭和45年)に成城の自宅が火事にあいました。結局二人の自宅は全焼してしまい、仮住まいとしていたホテルには帰らずに青山の事務所で寝泊りをしていたといいます。そして離婚の運びとなりました。決して憎しみあって離婚したわけでもなく、健さんからするとうまくいっていたと思った結婚生活がある日突然妻から言い出されて驚いた・・とも。

江利チエミのの異父姉はその後に、江利自身によって刑事告訴されて、実刑判決を受けています。

1962年(昭和37年)の主演映画『三百六十五夜』は、東映東京撮影所の所長兼取締役の岡田茂がなかなか芽の出ない高倉健をスターにするために、江利・美空ひばり・雪村いづみの三人娘と鶴田浩二の共演で企画しました。岡田茂は江利チエミに「亭主の高倉主演で『三百六十五夜』を撮りたい。当てて高倉に実績を残すためにも、三人娘で色どりを添えたいんだ」とオファーしましたが江利チエミは「いやです。わたしは仕事と私生活を混同したくないんです。亭主は亭主です。そういう映画には出たくない」と即座に断りました。そして岡田茂から「おまえ、女房になめられてるじゃないか。今後ウチでは、チエミは一切つかわんからな。チエミごときになめられて、勝手なことをやられているようでは一人前になれないぞ。おまえが大スターになって見返さんと駄目だよ」と発破をかけられて、奮起を促されたそうです。